前へ
次へ

寝るかっこうを変えて腰痛対策

腰を痛める原因の一つに寝るかっこうがあります。寝るかっこうによって腰を痛める原因にもなりますし、寝ている時にかっこうを変えない人も腰を痛めやすいです。寝ている時にかっこうを変えることで、体への負担が軽減されます。しかし、寝ている時にかっこうを変えない人は、長い時間同じかっこうで寝ることで、筋肉が固まりやすいですし、血流も悪化して腰痛の原因となります。寝返りが多いと、周りの人は寝にくいのかと感じてしまいますが、実は体にはとても良い行動となっています。寝返りが少ない、腰に負担がかかるかっこうで長時間寝ることで、一箇所に体重がかかり続けてしまって腰痛を引き起こすので注意が必要です。朝起きて腰が痛いと感じる人は、日頃の寝るかっこうを変えてみましょう。いつも仰向けで寝る人は、膝の裏に枕を置いて膝を立てるような寝るかっこうにすると腰への負担を減らすことができます。横向きで寝る人は、硬めの枕を足に挟んで腰を丸めて寝ます。腰に大きな負担をかける寝るかっこうがうつ伏せです。腰の負担を減らすためには、この寝るかっこうは直すようにしましょう。直し方の一つの方法として胸の下にテニスボールを入れる直し方があります。うつ伏せで寝ようとするとテニスボールが邪魔をして寝にくいので、自然とうつぶせ寝が直るという方法です。なかなか腰の痛みが取れない人は、日頃の寝るかっこうを変えてみてはいかがでしょうか。

Page Top