前へ
次へ

腰痛対策には太ももの筋肉も重要

腰痛を発症するのは、日頃から腰を使い過ぎていることが原因の一つです。床にあるモノを拾ったり、お辞儀をしたりするときに腰を曲げる人は多いです。この行動は当たり前に感じますが、通常は股関節や足首などの関節を使って行動します。股関節などの関節が硬くなると、このような行動の時に腰を曲げることになり、日頃から腰を頻繁に使うことで痛みを発症することになります。腰に負担をかけないためにも、股関節の可動域を広げる対策が必要です。そのためには、太ももの筋肉を柔らかくするのがポイントです。太ももの筋肉が硬くなると股関節の可動域も狭くなってしまいます。日頃からストレッチをして、太ももの前側だけでなく、後ろの筋肉もしっかりと伸ばしましょう。太ももの筋肉がしっかりと伸びることで、股関節の可動域も広くなります。股関節の可動域が広くなれば、腰を曲げる回数も減ることから、腰への負担を軽減できます。腰痛で悩んでいる人は、日頃から太もものストレッチを意識してみてはいかがでしょうか。

Page Top